乾燥肌・敏感肌に負けない美容ケア

乾燥肌・敏感肌に負けない美容

季節が秋冬になると空気がぐっと乾燥し、多くの人がかさかさ肌に悩まされます。特に冬の冷たい風は、お肌の潤いを一気に奪っていくようで、とてもつらいですね。

 

乾燥肌ではメイクのノリも悪くなるうえ、かゆくなったり、粉を吹いたり、トラブルは尽きません。夏の間に肌に蓄積した疲れや紫外線などのストレスが、肌トラブルとして浮上してくるのもこの季節。

 

肌が乾燥していると刺激に対して過敏反応を起こす敏感肌も併発しやすく、この季節のお肌はとてもデリケートです。

 

また、最近では秋冬に限らず、年中乾燥肌に悩まされている人も増えています。

 

夏場、クーラーの効いた部屋にいると容赦なく肌の潤いは奪われますし、生活リズムが乱れていると肌の保水力、抵抗力が弱まってしまうことも原因のひとつでしょう。

 

そこで、乾いた肌に潤いを与え、刺激から守るケアについて伝授したいと思います。

 

毎日のケアを少し見直して、肌本来の持つ力を取り戻していきましょう。基本はクレンジング、洗顔、保湿を見直すこと。特別難しいことはありません。

 

エステに通うよりも、毎日の生活を変えることが乾燥肌に負けない近道。乾燥肌・敏感肌を卒業して、すべすべの「陶器肌」を手に入れます!

 

脱毛 無料

ボディの乾燥ケア

秋冬のシーズンは湿度がぐんと下がり、空気が非常に乾燥します。

 

顔だけでなく全身がかさかさしてきて、粉吹きやひび割れ、かゆみを引き起こします。こうしたトラブルを予防し、全身すべすべな肌を手に入れるために、ボディにも保湿ケアを。

 

顔とボディでは肌の組成が違うので、ボディにはボディ用の化粧品を使います。クリーム、ローション、オイルなど様々ありますが、伸びの良いローションやオイルは、広い範囲に塗りやすくおすすめです。

 

ボディの保湿ケアはかさつきが気になるとき、またシャワーやお風呂のあとには必ず行います。湯上りの温まった柔らかな肌は保湿ケアにうってつけ。

 

しかし、何もせずに放置していると逆に急激な乾燥が始まります。必ず入浴後、からだが温かいうちにケアすることが大切です。

 

ローションなどを適量手に取ったら、両手ですり合わせて軽く温め、マッサージするようにボディにすりこんでいきます。

 

このとき、体の先から中心に向かって伸ばしていくイメージで。手先から肩へ、足先からふくらはぎ、そして太ももへ、というように、一方向に塗っていきます。

 

これによってリンパの流れを刺激し、肌つやをよくするだけでなくほっそりとした手脚を作ります。